2005年07月11日

Hawaiian Style Band

hawaiian_style_band.jpg
◆Hawaiian Style Band(ハワイアン・スタイル・バンド)
◇Rhythm of the Ocean (リズム・オブ・ジ・オーシャン)
▼1995年
▽気分はワイハ♪
●もうすぐ梅雨明け、ナツいアツがやってきます。
この季節になると恋しいのがハワイアン、レゲェ、ボサノヴァ。本日はCDを持っているわけではないのでオススメかどうかはわかりませんのであしからず。お昼休みにラジオを聴いていたら流れてきたのがハワイアン・スタイル・バンドのHappy 2 B w/U(ハッピー・トゥ・ビー・ウィズ・ユー)と云う曲でした。ちなみにそろえるつもりはないですが参考までにハワイアンアルバムといえばこちら(←結構重いです。)個人的にはNa Leoが涼しくていいのですがこちらはもう少し暑くてPOPで聴きやすいと云ったところか。これから夏に向けて、ナレオシムレッドモンドバンド小野リサリンダルイスジャネットケイをそろえるべし。体感温度が1度くらいなら下がるかも、です。(管理者)
【関連する記事】
posted by 管理者 at 13:50| Comment(65) | TrackBack(5) | MY FAVORITE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

THE POWER STATION

power_station.jpg
◆THE POWER STATION(ザ・パワー・ステーション)
◇THE POWER STATION(ザ・パワー・ステーション)
▼1985年
▽80年代ロック魂!
●当時ヘビメタ少年の私がなんじゃこら?とジャケ買い(ジャケットデザインで衝動買い)してびっくらこいた。(<死語)非常にシンプルな音源にズシッとストレートに飛び出してくるような迫力、いやそういう録音の仕方なのよね。んでギターもベースもドラムも音が硬い。んでもってギター少年だった私はギターソロを耳をかっぽじって(<死語)聴くとガーンと前に音が飛び出してきたあの衝撃はいまだに忘れられません。
このギターは誰だと見たら DURAN DURAN のアンディ・テイラー。メタリン(<死語)にとってはミーハー(<死語)なチャラチャラしたバンドでしたが場所を変えればこんなにパワフルだったとは…、と脱帽(<死語)でした。
斬新なサウンドとストレートなロックに時代の古さはなく、20年前(←書いた本人びっくり!)のアルバムとは思えません。 もしお店で見かけたらちょっと気にしてもいいアルバムです。(管理者)

※私信
MUSIC 8089 よしさま 30,000HIT 記念として80年代ネタでお送りしました。これからもいい音楽がはびこるまでゆっくりと続けましょう。 おめでとうございます。

posted by 管理者 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

激写!

200506222305.jpg

これです。なぞです。
写真では製氷皿に沿って生えているように見えますが、何も支えられずに自力で這い上がっております。
posted by 管理者 at 10:36| Comment(5) | TrackBack(0) | DRINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

いた〜!

これです、コ レ !

同じ人(「サ脳」さん)がいたよ〜。

うそじゃないでしょ! ここ

続きを読む
posted by 管理者 at 20:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

氷の角?

ice.jpg

氷に角ができた? つの? いたって家庭用の冷蔵庫に一般的な製氷皿なんですが。
いたってふつうの氷でいつものようにロックで呑んでおります。<キモイ、呑むなよ
写真で撮ったんですが分かりにくいので絵にしてみました。製氷皿にこんな感じで2個できてましてね。

これっていったいナニ?  誰か教えて。
posted by 管理者 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | DRINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

SUMMER SHOT

前回久々のアップでも素早くコメントやトラバをいただいた。謝謝。そんなわけで引き続き更新をと思うのだが、ぱっとしたお題がないので私の好きなお酒でお茶をにごす。
というわけで新カテゴリ「DRINK」。

*  *  *


先日スーパーでビールを買おうとうろうろしていた。正確にはビールではなくて発泡酒なのだが。そこでサントリーの 2005 SUMMER SHOT なるものをみつけた。

summer_shot.jpg

値段は発泡酒並で「リキュール類」とある。高発酵、高炭酸、夏限定。くそ暑い夏を前に涼しそうなデザイン、なんとも喉を潤してくれそうでこの夏のマイブームか、いい感じや。
まずは試しに2本買ってみた。<なんで試しが2本か
家に帰って「うひうひ、プシュ、ゴクゴク。ん!?」味がないのである。喉越しはビールだが味がない。一瞬私の味覚がアホになったかと疑ったがやはり味がない。この衝撃はコカ・コーラの自販機で120円出して初めて森の水を買った時くらいの衝撃である。アルコールの味はするのであろうが麻痺している私にはただのソーダ水である。
で考えてみたこと。
よくビールが苦いという人がいるが通はビールは喉でゴクゴク飲んでいる。→発泡酒は甘くて喉越し悪い、または喉越しよくすれば味が薄い。→じゃ夏・スッキリイメージでいっそ味をなくしてしまえ。→酒呑みはサイダーとサマーショットが同じ値段なら迷わずアルコールを買うだろう。
といったメーカーの作・か。では酒呑みの反応は、
ソーダ水やん、でもアルコール入りは何となくうれしいか。→わかっててメーカーの作・にはまってあげる。(酒呑みの悲しいというか卑しい性)→ビールならたくさん飲めるけどサイダーは甘いのであまり飲めない。これはどうしたものか。→それよりもいっそここに調味料かなんかで辛口のビール味にできんか。→もうひと手間かけることでお味はぐっと良くなりますことよ。
ソーダと思いながら飲んでいる私は家計にやさしくない人間。そうだ、そうだ!というオチも考えたがそれは封印。<書いてるし
posted by 管理者 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | DRINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

Fourplay

Fourplay.jpg
◆Fourplay(フォープレイ)
◇Elixir(エリクシール)
▼1995年
▽梅雨の夜、甘いジャズ
杏里とフュージョンギタリストのリー・リトナーが婚約ですってよ、奥様。 なんだそりゃ!?
レコーディングで知り合ったそうですがなんか不思議な組み合わせですね。世界は広いようで狭いですね。ま、お幸せにどうぞ。
原田知世の時ほどのショックはない。 ショックか?

そんなこんなで久々に。

ボブ・ジェームス リー・リトナー ネーザン・イースト ハーヴィ・メイソン の4人(フォープレイ)が演奏するあま〜いジャズ。Elixir(エリクシール)もなんだかそんな甘い香水か媚薬という意味だったような記憶があります。ファーストアルバムのこれ1枚しか持っておりませんがベストを含めて何枚か出ているようです。目をつぶって聴いていると体の力が抜けて落ち着けますよ。(管理者)
posted by 管理者 at 08:09| Comment(6) | TrackBack(5) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

SUGAR BABE

songs
◆SONGS(ソングス)
◇SUGAR BABE(シュガー・ベイブ)
▼1975年
▽古き良き日本のウェストコースト
●ホンダFITのCMを見ていたら懐かしい音楽が…DOWNTOWNではないですか!30ン歳の私は「オレたちひょうきん族!」のEPOを、リアルタイム40〜50ン歳の人はシュガーベイブを思い出したはずです。今カバーしているのは「福寿」という私と同じ年くらいの濃い経歴のユニット(←セカンドバンドみたいなモン)ですからひょうきん族のはず。CDは99年に再販されたときFMでオープニング曲とこのCMソングが流れていて、いい雰囲気だったので入手しました。(ただスタジオテイクやライブなどの収録曲は音質がイマイチです。)
このバンドは山下達郎に大貫妙子、それに大滝詠一が「はっぴいえんど」の解散でむにゃむにゃ…ま、その辺はリアルタイム世代にお任せします。
リアルタイムの人は久々に、それ以外の人はウェストコーストサウンドを感じる1枚としていかがでしょうか。(管理者)
posted by 管理者 at 19:19| Comment(2) | TrackBack(1) | MY FAVORITE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

検索ヒットで多かったワード

カウンターはつけていませんので詳細はわかりませんがアクセス解析を見てると毎日数十人の方にお足を運んでいただきましてありがとうございました。(時にはトップ100にランクインされてたりして。そんな恐れ多い…)
最近はネタ切れの感もあったりして無駄足を運ばしてしまった事が多くありました。ごめんなさい。しばらく新ネタがみつかるまではアルバム紹介と夕暮交差点ネタでぼちぼち更新します。

* * *


ブログ検索で多かった検索ワードは

シム・レッドモンド・バンド

北斗のCMソングでUAのLullaby of Birdland(バードランドの子守歌)
でした。

前者はFMでよく流れてるからなんでしょうが、あまりの反応の多さにちょっとびっくりです。 肩肘張らずBGMやドライブに最適ですから興味のある方は是非オススメします。

UAはCMでもいい雰囲気出てましたよね。 何年か前のボサノバのカバー「アントニオの唄」も内田勘太郎(憂歌団:ギター)のアコースティックギターがとってもいい雰囲気で聴く事ができます。 (Lullaby of Birdlandの入ったCDってあるのかな?誰か教えて。)そんなことよりオリジナルを聴いてみそ。

後はクラウドベリージャム、フライド・プライドなどが印象に残ってます。意外なのはカシオペアのヒットが多かったかな。(なんで?誰か教えて。)

そんなこんなでまた来年もマイナーなアルバムを紹介したいと思います。たくさんの方ご来店ありがとうございました。
ということでよいお年を。

see_you_later
posted by 管理者 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

夕暮交差点 Live at dolphin

041221
ここ2週間のプレッシャーからやっと解放された代償は、あまりにも残酷な結末でした。
リーダー曰く、「公開練習やから」。
あえてそう理解しておこう。
次回は全員もう少しちゃんと練習しよう!

で、急遽飛び入り参加からメンバーになったコヤマクン、楽しくやろう。

(ものすごく前向きな発言は現実からの防衛本能?)
posted by 管理者 at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 夕暮交差点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。